読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海パン野郎の備忘録

スイマー兼ポケモントレーナーの僕がとりとめなく書き留めていくブログです

弥生杯本戦vsたさすぷ

いつも通り書いていきます。以下常態。

方針

自由枠とムドーないしエルフーンで削りを入れまくってゲンガーで全抜きする予定だった。というのもガブは打ち分けできるやつ一点読みとすればゲンガーで全て上から叩けると思ったから。最強のメガ進化はゲンガーということを教えたかった。しかし相手サイドのステロガブ→サイキネ持ったガモスもえぐいくらいキツかった。

自由枠

ガモス止める役でかつガブにもそこそこ強いポケモンが条件1。その上でパンプジンシルヴァディを呼びたくなかった(選出誘導したかったの)のでこいつらに強い子ということで検討した。しかしそんな神ポコ思いつかなかった。なので諦めてパンプジンに強いかつウルガモスに負けないかつ一回ならガブにつっぱれるふうせんドランを持ってくことにした。

パーティ

パターン1はドランとムドーでステロからの削りをいれてゲンガーでとっちめる。なんかあったら嫌なのでパターン2として襷バシャーモだして暴れてもらってエルフーンの悪zで再生し再び暴れて最後疲弊し切ったところにゲンガーをぶつけるというものだった。

置物

見栄えこそすごく悪かったけどカゼハさん戦で実はすごくいいことを学んでいた。バシャーモを止めるために毒タイプが来ることだ。そこでなんか変なのがきてもいいようにエレキブルをスタンバイした。実際こいつはシュカを持てば対面からシルヴァディ以外誰でも勝てるからだ。(こいつはパルシェン意識で10まんボルトが入ってるため)正直基本選出1.2に配属してないポケモンのため出した時は負けを覚悟した時だと思っていた。しかし彼が意外と火力あって器用なこと、出した試合は思った以上に活躍してる(こ◯しろさん戦では扱うトレーナーがゴミで活躍しなかったが)のでいれた。

対戦

この試合が最後までわからないいい試合だったのではないかな?と思う。たさすぷさんはシュカ読んでたみたいなので。ターニングポイントはシルヴァディのところで交代せずに突っ張ったところ。シャドーボールでゲンガーが死ぬのだけが本当に嫌だったのとエレキブルが仕事するためには体力をマックスでとっておかなければならないこと(それだけガブリアスというポケモンは強い)から突っ張って襷潰すためにステロを打った。たさすぷさんは僕のガブの処理が襷ゲンガーだったりと変則的なのを知っているので切っても良かったがそれは流石に無理。あのステロがなければ多分身代わりガブだったので体力が1になっていたはずである。そこにエレキブルの電光石火をさせればめちゃくちゃかっこよかったし負け筋を潰せたのだが…とはいえ僕が行ってきた弥生杯の試合の中ではトップクラスの勝負ができて、またたさすぷさんとの初対戦がめっちゃいい試合で大満足であった。

次回対戦

ブルルブロック一位抜けのマタンゴくんである。旧知の仲である。彼がsにブッパしたぽり2やbw時代ではたき落とすを採用していたことも知ってるくらいの仲である。お互い別ゲーにはしってる(マタンゴはモンハン。僕は時オカ。)のでゼルダが最強であることを教えてあげたい。そしてわんこより幽霊の方が強いメガ進化だってことを教えてやりたい。