読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海パン野郎の備忘録

スイマー兼ポケモントレーナーの僕がとりとめなく書き留めていくブログです

二郎に行った話

こんにちは、えぴおんです。久しぶりの記事です。生産性はないです。


 本日。僕はある人物と会うはずだった。その名はあげは。https://t.co/qgFHZjSkPyこの記事の筆者である。彼はレート2000を乗っける猛者でバシャーモフライゴンをこよなく愛する。最近は彼女ができてノロケツイートしかしないのでフォローはオススメしないが面白い人である。そんな彼が僕たちに会いに東京に来るという。かなり楽しみにしていた。しかし…事件は今日の朝起きた。

 父親が熱と腹痛と下痢で倒れたのだ。ただの風邪とはいえあまり風邪をひかない人なので僕が看病することになった。よってお昼は外出禁止である。悲しみにくれ、看病していると13時になり父親が言った。
「お昼ご飯は自分でなんとかしてくれ。」
そうか、そんな時間だ。しかし僕は家事ができない。これから覚えると言って逃げ続けたツケが回ってきた。外食することにした。そこで僕はこんなことを思い出す。
(そういえばプールで体重測ったら2キロまた痩せたんだっけ…さすがに食う練習しなきゃなぁ)
安くてめちゃくちゃ食えるところはないか?そう思ってた時ある案が思いつく。
「そうだ、二郎に行こう」
二郎とは超大盛りラーメンで有名なあれだ。僕はめちゃくちゃ小食である。食べ放題で開始15分で根をあげるくらい小食である。しかしそんな僕にも夢がある。そのためには鍛えて筋肉をつけなければならない。つまりは食わねばならない。いいトレーニングだと思い僕は二郎に向かった。
 二郎に到着。サイズが分からないのでラーメン神石神の言う通り左上の小ラーメンを頼んだ。注文を待つ間この記事の下書きを書いている。隣の人のラーメンみるとあれを食いきるのか…と常にネガティヴな気分になる。なぜ僕はバーミヤンとかで普通のラーメン頼まなかったのだろう。あそこは値段の割に…(個人的な感想です)
 ちなみにこのあと多分犬の散歩に行かねばならないのであげはくんとの合流はしんどそうである。またんごにはとてつもない迷惑をかけてしまい本当に申し訳ない。
 そしてラーメン登場。それがこちら。

f:id:finswimepion:20160926151136j:plain

 ちなみに僕は「ニンニク」のみである。アブラもカラメも言ってないぞ…こんなにあるのかよ…
 とりあえず一口。うまいじゃないか。二郎系は太麺という印象があったがそこまでではない縮れ麺であった。味は醤油?なのか、友達は「二郎は二郎味だよ」って言われたことがあるのでその通りであるって感じだった。半分くらいは余裕で食べてこれはいけるって感じだった。
 しかし残り1/3で事件が起きた。きっきつい…もう無理。マジ無理…お腹いっぱいである。水を飲みながら必死の格闘。しかし、食っても食っても減らない。ここで負けるわけにはいかない…
 ということでなんとか完食した。かと思ったがチャーシューが一切れ残った…僕の負けである。帰り道こんなものを買った。

f:id:finswimepion:20160926151229j:plain

二郎の前の自販機に売っていた。一つ言おう。
「脂肪を抑えたいならこれ食うなよw」
しかしフードファイトにはうってつけなので悩ましいところである。ちなみに僕はもういかない笑。