読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海パン野郎の備忘録

フィンスイマー兼ポケモントレーナーの僕がとりとめなく書き留めていくブログです

【切り絵レート1800】切り絵の話part1【ギルガルド】

こんにちは、えぴおんです。今回は僕の趣味である切り絵製作講座となっています。絵が描けない人でも簡単にできますのでレートが事実上終わった今、これを機に始めてみてはという思いで書いていきます。あと、所詮は趣味の域なので失敗をごまかすテクニック等も教えていきます。(僕がそれなりに使う技です笑)ちなみにサムネついでに過去作をあげると下のやつになります。

f:id:finswimepion:20160913155213j:plain

エドナギルガルド

f:id:finswimepion:20160913155331j:plain

にこちゃん、口がない?ナニソレイミワカンナイ

f:id:finswimepion:20160913155230j:plain

ゲッコウガの口寄せの術

それではやっていきましょう。まずは道具説明。

基本的には黒い画用紙、デザインナイフ(カッターでも可)、のり、クリップ、色付けを行うなら折り紙です。全部ダイソーで揃います。色付けの解説は次回に回します。

f:id:finswimepion:20160913155649j:plain

僕は昔ガンプラを作っていたのでそのとき使ったデザインナイフを流用しました。のりですがこのボールペン型ののりが使いやすいです。切ったあと線に貼り付けるので細いところが多い切り絵では大活躍です。

今回題材はこちら。

f:id:finswimepion:20160913155746j:plain

前回の記事にあった愛の戦士への差し入れですね。初めての人はこれくらいシンプルなやつを選ぶといいです。あんまり凝ったのをやると昔の僕みたいに力つきます笑。

まず最初に図案を適当なサイズでコピーします。このとき、白黒とカラー2枚あるとベターです。今回はカラーで代用します。

次にそれを黒画用紙の上に置いて固定します。これはクリップで大丈夫です。切ってしまう箇所にホチキスで留めるのもアリです。

f:id:finswimepion:20160913155841j:plain

そしたら図案の上から切っていきます。

ここでポイント1です。内側から外側にかけて切っていきます。今回では顔のパーツ→顔→髪の毛→外のオーラみたいなやつ、という感じになります。今回はそんなに影響ないですが例えば美少女キャラをやるとき最後に細い目などをやってしまうと紙がヨレヨレになってしまい失敗しやすいです。

あとデザインナイフの使い方ですが次のうちどっちが切りやすいでしょうか?

1.刃を紙に平行になるよう寝かせる

2.刃を紙に垂直より少し傾けてたてる

正解は2の刃をたてる方です。僕はこれに気づくのに相当時間がかかりました笑。刃を寝かせてしまうと紙にあまり刃が刺さらずに画用紙が切れないという事故が多発します。なのでうまくいかないときは少し刃をたてて切ってみてください。世界が変わります笑。

さて順調に切りすすめていきますがここで事件。失敗して切ってしまった…(デデドン)

f:id:finswimepion:20160913160125j:plain

これではマ○リオの1upキノコですね…でもこんなときは別の紙でパーツを作りのり付けすればOKです。僕らはアマチュアです。失敗してもちょろっと直せばいいのです

f:id:finswimepion:20160913160407j:plain

体感なのですが切り絵の評価は完成してるかどうかってところが第一段階です。その上それが割と大きな割合を占めします。次に線の細さ、複雑さ等ありますが完成さえすればそれなり以上に立派に見えるそうです。なので失敗しても気にせずさりげなく直せば問題ないです。

その勢いでポイント2ですが切りやすいよう元の絵を改造することです。例えばここ

f:id:finswimepion:20160913160446j:plain

元の絵だと少し凹み(赤丸の部分)がありますが少しめんどくさいです。こういうときは

f:id:finswimepion:20160913160535j:plain

のような感じで勝手に線をつなげたりしてなかったことにしてしまいます。そうすればかなり楽にきることが可能です。ハードルは下げるためにあります笑。気楽に気楽に。

そんなこんなで全て切り終わった画像がこちらになります。

f:id:finswimepion:20160913160618j:plain

微妙に繋がってるのは僕が外枠をなくすとかいうガバを防ぐためです。本来であれば切り離して問題ありません。

今回はこの辺りで終えておきます。次回は色付け作業を解説します。ここまでご精読ありがとうございました!