海パン野郎の備忘録

スイマー兼ポケモントレーナーの僕がとりとめなく書き留めていくブログです

えぴおんサンムーンラストバトル

えぴおんです。今回はフレ戦枠を実施したのでそのことについて書きます。


1.コンセプト

 6-3シングルのノーマルルールで行った。これを守れば何してもいいと言ったので個性的なパーティが来ることを楽しみにしていた。


2.パーティ

 今回は2種類用意していた。1つ目はマッシブーンスタン。2つ目はゲンガナンス偽装。ゲンガナンス偽装は身内に一方的にメタると宣言された時逆ドッキリを仕掛けようと思っていて準備した。ミミッキュがいない環境ではかなり使いやすい部類の構築であった。リスナーが良い反応をしたらやろうかなと思い決行したがネタで済まなかったのでこの場を借りて謝罪します。申し訳ありませんでした。


気を取り直してパーティ紹介。と言いたいところだがマーシャドー入りで参考にならなさそうなのでマッシブーンについてのみ言及する。いわゆる単体考察。


マッシブーン

わんぱくHB

ビーストブースト

ゴツゴツメット


とびかかる

じしん

ちょうはつ

羽休め


物理を受けるということでNNはパッシブーン(passive)。NNも気に入っており普段から四天王周回に愛用している筋肉。こいつはかなり硬い。何とバシャーモのフレドラ+膝を耐えるのだ。フレ戦の中ではb一段階上昇でバシャーモのフルフレイムを耐えるくらい硬いのだ。なんといってもあのカバルドンより硬いんだからそれが頷ける。技としては起点回避のとびかかるとちょうはつ、バシャーモに打つ地震、物理を受け回すための羽休めである。格闘統一をする上で物理のごり押しはかなりヤバイと思ったのでこんな感じになった。実際思った以上に活躍した印象である。やはりアローラの新規ポケモンがいなければかなり動きやすかったポケモンなんだなと思った。それゆえ、対戦ではなく己がマッシブーンになれるよう日々のトレーニングを欠かさないと改めて誓った。


3.対戦内容

 みんな生放送として面白い構築が多く、マンダをあえて出してこなかったあたり本当に助かった。個人的に面白かったのはホウエン統一のプーラくん。コピペロス三銃士の殻猫さん。NNで僕のガチ恋を暴露させたのんせぇの兄貴。筋肉対決のトキくん。ミミッキュ6匹とかいう鬼のともちんさん。あたりが記憶に強く残っている。みんな僕がガチではないことを汲み取ってくれて優秀なリスナーだなと思った(マーシャドー使いながら何いってる笑)


4.今後

 ウルトラサンムーンは何だかんだ買うと思っているがお金がないことは事実である。きつい。なのでお金ができたら買おうかなと思ってる。また、キャプチャーソフトが動かないので動画を作らないという悲しみもある。いずれにしても今まで通り気が向いたらやるというスタンスは崩さないで行くと思う。


5.最後に

 ここまでありがとうございました。すごく楽しかったです。サンムーンはこれで終わりですが次があったらまたよろしくお願いします。なお、僕はもっと筋トレ頑張ってマッシブーンになれるよう努力します。

えぴおんサンムーンラストバトル

えぴおんです。今回はフレ戦枠を実施したのでそのことについて書きます。


1.コンセプト

 6-3シングルのノーマルルールで行った。これを守れば何してもいいと言ったので個性的なパーティが来ることを楽しみにしていた。


2.パーティ

 今回は2種類用意していた。1つ目はマッシブーンスタン。2つ目はゲンガナンス偽装。ゲンガナンス偽装は身内に一方的にメタると宣言された時逆ドッキリを仕掛けようと思っていて準備した。ミミッキュがいない環境ではかなり使いやすい部類の構築であった。リスナーが良い反応をしたらやろうかなと思い決行したがネタで済まなかったのでこの場を借りて謝罪します。申し訳ありませんでした。


気を取り直してパーティ紹介。と言いたいところだがマーシャドー入りで参考にならなさそうなのでマッシブーンについてのみ言及する。いわゆる単体考察。


マッシブーン

わんぱくHB

ビーストブースト

ゴツゴツメット


とびかかる

じしん

ちょうはつ

羽休め


物理を受けるということでNNはパッシブーン(passive)。NNも気に入っており普段から四天王周回に愛用している筋肉。こいつはかなり硬い。何とバシャーモのフレドラ+膝を耐えるのだ。フレ戦の中ではb一段階上昇でバシャーモのフルフレイムを耐えるくらい硬いのだ。なんといってもあのカバルドンより硬いんだからそれが頷ける。技としては起点回避のとびかかるとちょうはつ、バシャーモに打つ地震、物理を受け回すための羽休めである。格闘統一をする上で物理のごり押しはかなりヤバイと思ったのでこんな感じになった。実際思った以上に活躍した印象である。やはりアローラの新規ポケモンがいなければかなり動きやすかったポケモンなんだなと思った。それゆえ、対戦ではなく己がマッシブーンになれるよう日々のトレーニングを欠かさないと改めて誓った。


3.対戦内容

 みんな生放送として面白い構築が多く、マンダをあえて出してこなかったあたり本当に助かった。個人的に面白かったのはホウエン統一のプーラくん。コピペロス三銃士の殻猫さん。NNで僕のガチ恋を暴露させたのんせぇの兄貴。筋肉対決のトキくん。ミミッキュ6匹とかいう鬼のともちんさん。あたりが記憶に強く残っている。みんな僕がガチではないことを汲み取ってくれて優秀なリスナーだなと思った(マーシャドー使いながら何いってる笑)


4.今後

 ウルトラサンムーンは何だかんだ買うと思っているがお金がないことは事実である。きつい。なのでお金ができたら買おうかなと思ってる。また、キャプチャーソフトが動かないので動画を作らないという悲しみもある。いずれにしても今まで通り気が向いたらやるというスタンスは崩さないで行くと思う。


5.最後に

 ここまでありがとうございました。すごく楽しかったです。サンムーンはこれで終わりですが次があったらまたよろしくお願いします。なお、僕はもっと筋トレ頑張ってマッシブーンになれるよう努力します。

フレ戦企画募集要項

こんにちは、えぴおんです。サンムーン最終レートお疲れ様でした。僕は結果も出してないのに早々と切り上げ雑談してました。16台とマッチングしてもお互いあれですからね、という言い訳をしつつ次回があれば気楽にやっていこうと思います。


さて。今回はえぴおんフレ戦企画を行います。その詳細を書いていくので興味のある方は是非ご覧ください。 以下常態。

えぴおんフレ戦企画

1.目的
 今回のフレ戦企画は投稿頻度が安定しないながらも沢山のコメント、再生をしてくれたリスナーに向けて行う。これによって実況者とリスナーをつなぐ1つのきっかけになってくれればなぁと思う。

2.試合形式
 シングル6-3。これを通れば後は何しても構わない。過去作だろうがVC産だろうがサトゲコだろうがどんとこい。

3.採用基準
 基本的には1名のみ動画化をする。これは動画スタイルが編集に時間を要すること、対戦以外のパートに時間がかかることによる。ただ、他の動画はbv鑑賞会を後日行うことによって必ず一度は公開する。
11/12追記
えぴおんのパソコンのキャプチャソフトが動かなくなり動画を作ることが困難になりました。よって形式を全員生放送に変更し飛び入り参加も許可する。ただし飛び入り参加を認めた時点で参加申請した人よりも基本的に後に行うことになることを了承したものとする。後日のbv視聴枠は需要がある場合に限り行うものとする。

4.使用構築
 対戦相手に対して縛りは設けない。えぴおん側はとあるポケモンを使いたいがために構築を組む都合上コンセプトパとなる。試運転もしていないゴミみたいな構築になることが予想される。とはいえ手を抜くという意味ではない。動画に載ることを目指して突飛なパーティを持ってくるもよし、えぴおんをボコボコにしたいがためにガチでくるのもよし。

5.日時
 11/12 午後から行う。新スタイルを昼から行う場合リア友にロケ地を提供してもらう可能性があるので時間等は不明。とはいえ朝はバイトがあるのでどんなに早くても14時過ぎになると思われる。もしかしたら一部の人には11/11にお願いする可能性がある。そこはよろしくお願いします。出来るだけそうならないように配慮する。

6.応募方法
 11/10 23:59までにえぴおん(@epi_chemistry)にリプないしDMを送って申請完了となる。応募に制限はかけないが日曜日は筋トレに行くことが予想されるので深夜は体力的にしんどい可能性がある。早めの時間をお願いすることがある。そこはよろしくお願いします。



(以下敬体)
 投稿頻度が安定しない、そんなにレートが高くない、ぶっちゃけ二番煎じの僕をここまで応援してくださりありがとうございます。サンムーンラストをみなさんと楽しめたらなと思っていますのでよろしくお願いします。編集はやる暇ぶっちゃけないですけどどっかで帳尻合わせます笑。では改めてレートお疲れ様でした。
質問あれば僕によろしくお願いします。

とすてぃー杯本戦 vs HiROさん

こんにちは、えぴおんです。本戦まとめていきましょう。パーティは自分のと対戦相手のを貼っておきます。ルールが予選と違い、自由枠は画像にあるポケモンしか使えません。びっくりどっきりポケモンで勝利をつかんできた僕にはきつすぎるルールです。以下常態。

f:id:finswimepion:20171031232414j:plain

f:id:finswimepion:20171031232436j:plain

vs HiROさん
自由枠やパーティ相性、全てにおいて負けてる。よって強力な勝ち筋を掴みに行けるタイプの戦略を考えた、そこで思いついたのがバトンバシャ。

今まで一回もガルーラを出さなかったため対策が薄いと踏んでガルーラ無双をしようと思った。

その際の起点役にゲッコウガとlv1エルフーンを用意した。ゲッコウガに関してはさふぁいあさんに作っていただいた。本当にありがとうございました。そのゲッコウガをまず紹介したい。

陽気ds
でんきだま
変幻自在

守る
ダストシュート
なげつける
どろぼう

おそらくどのポケモンが来ても対応が聞くゲッコウガ
vsコケコ
守る→攻撃耐える→ダストシュート
vsポリ2
なげつける→どろぼう→交代
vsその他
なげつける→交代
と考えていた。dに降ってるのはうちに来るコケコはたまもってるやつかなぁと思いフィールド10万をノーマル状態で耐えたかったから。Sはグロス抜きなのでみんな麻痺させられる。これを思いついたきっかけは自由枠はミミッキュではないかと思ったのでミミッキュが来てもいける起点作りということで思いついた。
しかし本戦では相手がリザードンを持ってきておりリザyだった時ニトチャをひたすら積まれてバシャーモを麻痺していてもエアスラで吹っ飛ばしに来る未来が見えたこと、スカーフランドで馬鹿力されたら終わりやんって思ったことから使えなかった。(書いてて思ったがスカーフランドが馬鹿力して来たのならそのままバシャーモの起点にできたのでは?と思うと多分こちらを使った方が勝率高かったと今更ながら思う。)わざわざ作っていただいたのに申し訳ないです。

個体紹介

のんき無振り
いたずら心
きあいのたすき

がむしゃら
しぜんのちから
おきみやげ
アンコール

lv1エルフーン。今回はこっちを使った。手持ち的に挑発して来そうなのがギャラドスだけな上ギャラドスであればがむしゃら連打してればいいと思ったことからこれにした。よく考えたらこの型はとらさんが有名にしましたね、でもそんなことなくても有名なやつ。やはりパーティ相性をひっくり返すにはこれくらいやらないといけないと思った。ミミッキュがいない場合はこちらもありということで用意した。

わんぱくHB
かそく
弱点保険

がんせきふうじ
ビルドアップ
バトンタッチ
守る

バトンバシャ。ギャラは来るだろうと思ってこのような型にした。sをがっつりふれなかったのはギャラドスの滝登りを耐えるのにかつかつだったことが挙げられる。がんせきふうじは起点にできないガモス用。

ガルーラ
いじっぱりHA
おやこあい
メガストーン

おんがえし
じしん
れいとうパンチ
岩雪崩

普通のガルーラ。おそらくこれなら大暴れできると思った。特に語ることはない。

試合について
今回は HiROさんのメタが強かった。こちらとしては思念身代わりグロスは想定外だったので馬車グロス対面の身代わりで負けを悟っていた。勝ち筋を取りに行くならば二連守るを意地で決めたのちビルドアップしてバトンタッチであろう。グロスに思念が入ってるのはうちのパートナーズ的に微妙だったしあっても地震だろって感じだった。もし僕に勝ち目があるとすれば初手のランドロスに対していきなり置き土産を打つことであったと思う。ゲッコウガ相手に初手から投げて来たということからスカーフと予想していたのであればそうしても良かったのであるがこんなものは結果論である。純粋に対戦相手が強かった。ミミロップサイコファングで沈めた試合があったがあの時の気分はこんな感じなんだろうと思った。

ここからはパートナーズ選定理由を軽く紹介
まずゲッコボルトは速攻で決めた。これはレートで使っている並びであると同時にどちらも型が豊富であることだ。ボルトロスは6世代で弱体化したが電磁波といたずら心を除けば相対的な弱体であったためメタゲームならまだ舞えると思った。げっこボルトの並びだとパワーにかけるということでガルーラを採用した。これにより対戦相手は対面思考なんだなと思ってくれると考えた。発想の起点はどくびしであるなんて言えない。残りの3匹だが搦め手を使うことができないということでサポーターのエルフーンを入れた。lv1だったりと選出誘導に長けたポケモンであるため使いやすかった。残りは電気の一貫を切るポケモンとフェアリーの一貫を切るポケモンが欲しかったが思いつかなかった。そこでBBL運営のコシヒカリさんに相談したところウィンディとドンファンという素晴らしいアイデアをもらい採用した。この2匹はしっかり活躍した。特にウインディは非常に使いやすく攻めと守りどちらもできたことが高評価だった。このような感じで選んだ。ガルーラはフシギバナに変えてもいいかなと思ったがパワー不足に悩まされそうだったことややっぱり圧力が違うということでこれでいいかなと思った。

以下敬体。
ということで僕の身内杯は終わりです。本戦一落ち芸人かましてしまいました。選択肢がバレてる自由枠というメタゲームに対応できなかったことが敗因だなとつくづく思いました。全体を通してですがとても楽しかったです。全員が初めての対戦であったこともそうですが僕自身が受け、対面構築、バトン、ハメといったいろんな構築を使えたことです。大会の今後の参加予定ですが今のところありません。USMですがこれも発売日に買うかぶっちゃけわかりません。プロテインに変わってしまいました。USMはほしぐもちゃんのごとく僕の体の一部となります。




とかいってますが気分屋なので皆さんが楽しそうにプレイしてたらひょこっと買うかもしれないので引退宣言なんて大層なものはできません。気が乗ったらやろうと思ってるのでその時は相手してください。ということで長くなりましたがこれにておしまいです。ありがとうございました。

とすてぃー杯 vsかえる

こんにちは、えぴおんです。久しぶりの投稿ですね。身内杯の予選が終わったので見て行きましょう。以下常態。

f:id:finswimepion:20171017094145j:plain


勝てば予選抜け負けれ場予選敗退濃厚(5すくみor敗退)

受けることはやめてひたすら殴る対面で挑む。(相手の方がサイクルに長けていることと前回の試合の影響から。)僕はもともと対面構築主流だったというのを知る人物ではないと思い交代する気が一切ない対戦スタイルで構築を組んだ。

自由枠はロップラティアスゲンガーに強いコマよりサメハダー(よくみたらかぐや以外みんな確定1発取れるすごく偉い子)これによってゲンガー切ってロップ固定って見方が可能となる。

基本戦術は誰か初手において1:1をとる、もしくはサメハダー圏内に入れたのちメガで暴れる。最後に一番対面性の高いウインディを持ってくる。

相手のポケモンとしてはロップ自由枠確定としてガモスorマンムー、抜けるのはカグヤかなぁくらい。(多分ガルーラ対策切ってくると思った。でも確証はない。)

自由枠は分からなかった。というのもパートナーズで殴られてるだけで辛いからそこまで対策できない。耐久系統に強い子かなぁくらいは思ってた。

以下個体紹介

f:id:finswimepion:20171017094113j:plain

いじっぱりAS
メガストーン
加速→頑丈顎

滝登り
守る

筋トレしてる時に思いついた。サメハダー使いのともちんさんに打診したところめちゃくちゃ通ってると言われ即断即決した。技はこれがベストだと思う。ロップが身代わりを持ってたら強えなってことで。NNは貰い物だからつけられませんでした。

f:id:finswimepion:20171017094103j:plain

ゆうかんHA
ヤチェのみ
頑丈

馬鹿力
じゃれつく
がむしゃら

1:1を取りに行くことだけを考えたドンファン地震切ってるのはゲンガー切ってるから。ゲンガーサイド初手で勝ち当たっても催眠以外ではつっぱらないと思うしね。ヤチェなのはつららをつぶて圏外に押し出すため。ガモスはがむしゃらつぶてで起点回避ができる。じゃれつくはラティアス用。これあって本当に良かったね。NNはガッシュベルよりカルディオ。この魔物の使い手の声ケロロ軍曹だよね??

f:id:finswimepion:20171017094053j:plain

いじっぱりAS
アクZ
いかく


ストレートなアタッカー。準速でも最速マンムー抜けるのでこれにした。アクZはやはりラティアス対策。しかしこれはウルガモスに起点にされないための打点でもある。悪技が基本的に一貫しているので迷ったらとりあえず打っておけば圧がかかると思った。こいつは生命化学の授業中に作成した。だからtechnical term使ってもいいかなとか思ったけどかったるくてやめた。

試合
bvはこちら。

f:id:finswimepion:20171017094025j:plain

相手の自由枠だがサザンドラが重すぎた。2or3匹で相手しなきゃいけない。ドンファンで処理できたのがとても大きかった。相手視点からもドンファンに対して引けるポケモンがいなかったため切らざるを得なかったという感じだったからよく仕事した。とすTくんの「このz何が元なの?」とか「その技持ってるのかぁ」とかいう反応が個人的には嬉しかった。

自由枠の選定ポイント
今回は予選3-1で自由枠が基本的にいい線をついていたことが多かったのでそれをまとめる。なぜここで思考の話をするかというと未知のポケモンを持ってくる戦いはこれで最後だからである。本戦は予選と頭の使い方がまるで違うためメタゲームの考え方の参考になればな、と思い書いていく。
まずこのブログを参考にした。
これは僕の知る限りトップクラスでメタ張りが上手な方の記事である。普段からびっくりポケモンを使う人なのですごく思考が柔軟である。この記事の考え方がベースとなっている。さて、今回4戦とも僕が推した自由枠は基本的に「対策したいポケモンの弱点を突かれるポケモンで対策」
ということを考えてきた。
vsユキノさんではウルガモスフリージオ
vsとまとさんではゲンガーをフーディン
vsでぃーさんではバシャーモマッシブーンで(結局サマヨールに変えて負けた)
vsかえるさんではメガミミロップメガサメハダー
といった具合だ。これはかぜはさんのブログの赤字にある、「相手に読まれない対策ならGO」に非常に合致したものであると思われる。これにより得られた恩恵が2つある。
1.読まれないことによって基本的にはぶっささる。
2.パートナーズをある程度メタな型にしてもカバーが効きやすい。
1に関しては言わずもがな、そうなるようの自由枠だ。2は例えばユキノさんだとささってないのにゴツメウインディやアクZlv1エルフーンとか、実はかえるさんにはHDヨプカウンターガルーラという変なのを仕込んでいた。サザンが怖くて出せなかったが今回活躍は見込めたと振り返ると思う。こーゆーことをしやすいのは自由枠が通っていてそこの穴埋めとしてパートナーズを利用しやすいことが起因してる。もちろんゲッコウガのような通せるパートナーズも通すために使ったりするがこれも赤字にあるように過信しないということを念頭に戦った。
相手に読まれないためにあえて弱点のポケモンで対策という発想がメジャーになると困る。しかし自由枠はぶっちゃけ何くるか最後まで絞りきれないものである。そんなところに変なポケモンを想定することなど基本的には不可能である。僕が対戦相手なそれは切る。よって選出画面における優位性は取りやすいと考える。実際勝った3試合は選出に5分かからなかった。今後メタゲームを行う上で誰かの参考になればなと思う。

以下敬体

予選のまとめ
4戦やってみて今回はいい試合が多かったんじゃないかなと思います。どうしょうもない試合もありましたけどあれ含め最後まで番狂わせを起こしたのでエンターテイナーと言えるでしょう笑。対戦でしたが対面構築しか使えなかった男がはめ構築だったりサイクルだったりと幅広く戦術を使い分けられていたのではないかと思います。これに関してはかつての課題が解消されていて良かったです。ただ、プレイングは甘いところが多いのでそこは直していきたいところです。

本戦について
本戦はこのポケモンたちで戦います。

f:id:finswimepion:20171017094002j:plain

他のブロックに比べ自由枠が少ないかつ強いのがかぶりすぎてて偏りがひどいですがまだやってけると思います。とはいえ優秀なポケモンは多いです。こいつらを使ってなんとか戦っていきたいです。

筋トレのススメ

1.はじめに

 こんにちは、えぴおんです。電車の中で暇だったので書きます。僕は流行りに乗って恋愛を語るだけの能力がないのでこっちですね。ちなみにですが僕は筋トレレート17程度の人間です。ウェイトトレーニング自体はまだ始めて半年もたってません。水泳はやってましたがガリガリと言われるくらいの痩せ型スイマーでした。ではなぜかの記事を書くかというとイメージとしては初心者に努力値を教えるようなものです。それを知って次なるステップに進んでいただければな、くらいの気持ちです。僕のフォロワーのk君が実際に筋トレを始めて彼女を"僕より先に"作った実績もあるので興味があればご覧ください。


2.人はなぜ筋トレをするのか

2.1 おそらくこれはいろいろあると思います。モテたいとか、今の体が恥ずかしいとか、競技をもっと向上させたいとか。動機はなんであれやって損はないと僕は思いますが少し客観的なデータをこれから見ていきます。

2.2 まず一つ、もしやらなかったらどうなるか?ということを考えます。僕の体育の教授曰く、大腿四頭筋(前太もも)の筋肉は25歳のピークから80歳までで約半分以下になるといいます。横浜市スポーツ医科学の記事を見ても明らかです。(urlは最後にあります。)大腿四頭筋とは歩く筋肉に相当するのでここが衰えると歩行ができなくなるわけです。それはきついですね。よって将来長い目で見ると筋トレしといていいことがわかります。

2.3 次に短期的な目線で見ていきましょう。これはとある人の体3年間の変化を比べた動画になります。

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=WTPO7Y35xkM

3年間でここまで変わるんですね。三年も待てないよ!って人はラ○ザップのCMをみてください。3ヶ月あれば人は変われるんですね。あれは食事と筋トレによってなされるわけですがそれは次回があれば書きましょう。3ヶ月という短期的なものでも体型が良くなるというメリットがあるわけです。


3.筋トレへの偏見

3.1 ここで女性からこのような意見を聞くことがあります。

「筋トレをすると筋肉がついて逆に太くなりそうだから…」

確かにそのように感じるのも無理はありません。ポケ勢で筋トレといえば思いつくのは…

f:id:finswimepion:20171012221958p:plain

こいつですからね、しょうがないです。しかし、これには少し誤解があります。まず、筋肉はそんなに簡単につくものではありません。3ヶ月とかそれくらいかけてようやくついていくものです。また、女性の場合ですとテストステロンという男性ホルモンが少ないです。そいつによって筋肉の合成が促されるわけであって男性より付きづらいです。さらに、筋トレをすることによって脂肪は燃焼されていくわけなので体が大きくなるというより引き締まっていきます。これって素晴らしくないですか?。(テストステロンの効能については引用記事乗っけておきます。)

3.2 また、プロテインへの偏見もなかなかのものがあります。プロテインとは簡単にいえばタンパク質です。鳥のササミとかに入ってるアレです。あれを飲んでます。プロテインとは例えるならササミをミキサーにかけて飲んでるようなものです。(語弊はめちゃくちゃあります。わかりやすくするためです。)そりゃ飲むだけだと太りますよね。でも考えてください。二郎に乗るようなチャーシューとササミ、どっちの方がヘルシーですか?後者ですよね。つまり何事においても取りすぎは害ですが、

プロテインを飲む→太りやすくなる。

は成立しません。グルグルぐるぐるグルコサミン、の仲間くらいの認識で構いません。


4. まとめ

 そろそろ電池きれそうなのでこの辺りにします。反響があれば詳しいことも書いてきます。今回は概念的なものなので次回は軽い実践編でも書こうかなと思います。


5. 参考文献(というより引用記事、名前適当なのは許してください。)

横浜市医科学データ

http://www.yspc-ysmc.jp/ysmc/pdf/column_20130130.pdf

コアラ小嵐Youtube Channel

https://m.youtube.com/channel/UCM3Eo_7bq7Z1EuksMgs5jCA

テストステロンとは

http://motebody.tokyo/beginner-009